取扱分野

・民事事件

・家事事件

・刑事事件

・少年事件等

 

同じ種類の事件であっても,一つ一つは別の事件です。これまで考えたこともないような問題に直面することも少なくありません。それをどのように考え,どのように紐解いて,どのように解決の方向へ導いていくのか,法律家の力量が問われるところです。そういう意味で,取り扱う事件を「これとこれ」というように特定することもしておりません。ただし,特別な専門的知識と経験が重要と思われる事件については,その旨率直にお伝えさせていただきます。まずはお気軽にお問い合わせください(お問い合わせは無料です)。